歴史

歴史

北海道の歴史をひらいた開拓使


もともとはアイヌの土地だった札幌近郊は、1869年(明治2年)、石狩国札幌郡に属して開拓使直轄の地となり、この時から北海道開拓の歴史が始まりました。主席判官の島義勇は、石狩本府を現在の南一条通りに置き、これが、南一条通りで南北、大友堀で東西に分かれる整然とした区画の街・札幌の基になりました。71年(明治4年)5月に札幌開拓使庁ができると、75年(明治8年)に屯田兵(とんでんへい)が入植して、本格的に開拓が進みます。島判官は農業の発展に力を入れ、耕作の指導や、西洋の種子の配給に努めました。その後、大農法の導入や、札幌農学校のクラーク氏の教えなどもあって、北海道はジャガイモ、カボチャ、タマネギなどの一大産地となっていくのです。開拓使は、ブドウ酒、ビール、製粉、紙など様々な物の製造を試み、今の北海道を支える産業につながりました。その後も、順調に発展を続け、1922年(大正11年)に市制施行、71年(昭和46年)に地下鉄開通、72年(昭和47年)には、アジアで初の冬季オリンピック大会が開かれました。2002年のワールドカップサッカー開催地のひとつにも決まっており、今後ますます国際都市・札幌としての発展が期待されます。
  • Blogじゃぱん「ホームタウン・ホームページ」
  • やさしいWeb研究会、アクセシビリティの情報をお届けします
  • やさしいブラウザ
  • IAサーバー・ソリューション・カタログ